あなたのセフレへの態度は正しいか

セフレという関係にあまりいい印象を持たない人たちもいるようです。
特に女性にそういうタイプが多いようにも見えます。
セフレをNOと言う人たちはなぜ、セフレがNOなのでしょうか。
そもそも、そんな厳しく、セフレはNOと言われるべき存在なのでしょうか。
大体、セフレには、知らない人たちが知り合ってセックスをすると言うイメージがあります。
やっぱり、知らない相手とセックスをすると言うことは、私達の社会において不埒と言うことを意味するのかもしれません。女性はやっぱりセフレに対して不安と言う印象を持っても何処かで私達は納得出来ることなのかもしれません。
しかし、そういうセフレでも、相手としっかり信頼関係を結び、相手に対して安心感を与えることが出来たら・・・。
男性と女性がいい関係でセフレに向きあうと言うことは、この事なのです。
セフレは、そんなたやすい関係と思っていてはなかなかいい出会いができるはずありません。みなさんにしっかり、セフレにおいても、現代社会同様、しっかり信頼の意識で向かっていただきたいのです。
現代社会では、セックスしてもいい条件とは、相手に対して信頼感が生まれた時のみなのです。
そういうものが必要ないものがセフレと思っている人たちにはやっぱりなかなかいい出会いなんてできないと思いますよ。
セフレとは、最初のうち女性と男性の観念が随分ずれているものなのかもしれません。しかし、それは、男性と女性がセフレと向きあうために訂正されていかなければならないのです。
それって、男性にとって難しいことなのでしょうか。
それほど難しくないことなのでしょうか。
ただ、女性と男性が、今よりも少し、深く向きあうことに過ぎないような感じもしないではありません。しかし、現状の男性の今の立ち位置に対してちょっとNOとも言わなければならないのです。
その、バーチャル意識も捨てなければ駄目です。
出会い系サイト、ライン掲示板、いろいろ、バーチャル的存在がありますが、実際にそこがバーチャル世界むかと言えば、全然バーチャル世界ではなく、極々リアルな世界なのです。
男性と女性はここでもっと深く知り合って、信頼し合っていかなければならないと言うことです。
みなさんにそういう身構えはできているでしょうか。
ちょっと反省もしなければならないのです。